■FC2カウンター

■プロフィール

Big Guava

Author:Big Guava
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2拍手ランキング

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
昭和基地開設から60年!今でも難しい南極の「電話」事情
南極に昭和基地が開設されたのは、今からちょうど60年前の1957年1月29日のこと。

 マイナス40℃以下に下がることもある南極の昭和基地と日本を結ぶ、まさに命綱とも呼べる衛星電話回線を運営しているのは、日本のKDDIだ。

 過酷な現場で任務をはたしたKDDIの濱田さんに、話を伺ってみた。

■14か月間、南極から帰れない

 昭和基地は日本から約1万4000kmも離れた、東オングル島にある。島とはいえ、氷が溶ける夏場を除き、大陸とは海氷でつながっている。

 1957年に日本の南極地域観測事業が昭和基地で始まったのだが、その昭和基地が今年で60年、還暦を迎えた。

 気象庁による観測・研究、国土地理院による測地、大学の研究機関などによる研究観測など、さまざまな研究が行われている昭和基地は国立極地研究所の管轄下にあり、KDDIは2005年の第46次日本南極地域観測隊越冬隊から、国立極地研究所に毎年1人、社員を出向させて観測隊員を派遣してきた。

 KDDIの濱田さんは2013年11月に日本を出発し、昭和基地に12月末に到着した、第55次観測隊に参加した。

 南極は日本と夏冬が真逆になる。夏は12月から2月で、その間なら砕氷船「しらせ」は昭和基地へ近づくことができるが、それ以外は氷に遮られてしまう。

 越冬隊は12月から南極入りし、翌翌年の2月まで滞在することになる。つまり、14か月もの間南極生活を送るのだ。その間2回、正月を過ごすという、長期滞在なのだ。

■砕氷船「しらせ」で片道1か月半をかけて南極へ

 ご存知、砕氷船の「しらせ」は現在2代目で、2009年に就役した船舶。文部科学省が建造し、海上自衛隊により運用されている。観測隊員は日本からオーストラリアへ空路で飛び、そこから南極までしらせで往復する。運用する海上自衛隊員は当然、日本からオーストラリアまでの往復航海も行っている。

「しらせ」が昭和基地へ近づくと、そこからはヘリコプターを活用する。濱田さんは手荷物としてはバッグ2つ程度であったが、装備や個人の嗜好品としての食料、娯楽品などを含めた生活用品は8個程度の段ボールに詰めて「しらせ」で運んだという。

■昭和基地での生活とは?

 昭和基地に滞在する隊員は、全部で60名前後。そのうち翌年の2月まで滞在する越冬隊員は30名前後だ。大きく、観測部門と設営部門にわかれていて、濱田さんが所属したのは設営部門だった。

 設営部門とは、調理、医療、通信、建築など生活に必要なあらゆることを運営・管理する部門である。

 冬の屋外では気温がマイナス40℃を下回ることもあるが、夏場は5℃くらいに上昇し、基地内は暖房が効いており常時10℃くらい。暑くなると30℃に迫ることもあり、Tシャツで過ごす隊員もいるほどだという。

 濱田さんは持ちこんだ荷物の多くを衣服にあてたのだが、基地では貸与と支給の服があり、また、気温が低いので服が匂わない。そのため、今思えば着替えの枚数はあまり必要なかったという。

 11月下旬から、夜でも太陽が沈まない「白夜」となるため、昭和基地は大変忙しくなる。建設部隊も参加しているが、それだけでは人手が足りない。設営部門のスタッフは日常業務とは別に土木作業などにも従事。朝から夜更け(白夜なので明るいけれど)働き続けることも多々あったという。

 南極というと雪上車をイメージする人も多いかと思うが、その雪上車は常に5-6台がスタンバイする。意外だったのは、2tトラックや4tトラック、重機など日本でもよく見かける乗り物も揃えられていること。設営や雪かきなどに不可欠だという。

 越冬中は一日中太陽が昇らない極夜期があったりブリザードも多かったりするため、雪かきなどをのぞくと、作業は個人の日常業務に限られる。そのため余暇も増えるので、釣りやソフトボール、遠足などを楽しんだという。

■昭和基地で通信の主力となるインテルサット衛星通信

 昭和基地の通信は衛星回線に頼っている。というのも、昭和基地から一番近い南アフリカですら何千kmと離れており、また、氷が溶けたりぶつかり合ったりする環境では、海底ケーブルを傷つけやすく敷設が難しいからだ。

 そこで、赤道上にある3機の衛星と衛星回線を開き、そこから日本の山口県にある日本最大の衛星通信施設「KDDI山口衛星通信所」を経由し、国立極地研究所と昭和基地を結んでいる。

 濱田さんは衛星回線でのトラブルに対処するため、山口衛星通信所でメインテナンスの技術を学び、南極勤務に備えた。2004年に7.6mのアンテナが収められたレドームを備えたインテルサット通信設備が建設され、第46次観測隊以来KDDIがメンテナンスを実施してきた。

1Mbpsのデータ通信速度を確保したことで、南極にいてもインターネットや利用できるようになり、また、南極の観測データをリアルタイムで日本国内送ることを可能にした。

 その後は順次速度が速められ、第50次隊で2Mbpsに、濱田さんが参加した第55次隊で3Mbpsへと速度の向上が図られてきた。

 現在では国内各地の学校などと昭和基地とを結んで行う「南極教室」や南極のライブ映像をネット配信するなど、リアルタイムで動画配信ができるレベルになっており、ハイビジョンでの動画送信も可能になっている。

■南極ならではの困難

 しかし、全隊員が同一回線をシェアするため、速度低下に配慮して隊員はネット電話は基本利用禁止だ。また、回線も常に安定しているとは限らない。インテルサットのCバンドを利用し、6GHzまで周波数を上げて通信しているのだが、特殊な環境の影響か、機器が安定した電波を作れないことがあるという。また、基地内には静電気が発生しやすく、強風で建物自体が帯電することもあるため、精密機器にとって良好な環境とはいえない。

 そのため、通信が2日間に渡り滞ることもあったという。衛星通信設備が収まる「インテルシェルター」とレドームは、研究・観測への影響を避けるため、基地から500mほど離れた場所に設置されている。そのメンテナンスのためにブリザードで視界がほぼゼロになる中でも、外出が可能な状況であれば、決死の思いで修理に向かうことも度々あったという。

 また、通信の故障では、日本へ連絡が取れなくなることも多く、修理をたったひとりで行わなければならない事態に追い込まれることもあったという。

 なんといっても、通信がつながらなくなることが、濱田さんにとっては辛いことだったという。寒さや肉体労働のキツさではなく、研究が滞ったり、隊員が家族と連絡を取れなくなること、それが精神的にきつかったというのだ。

■もう一度南極へ行きたいですか?

 南極へ14か月滞在し、日本の極地研究の一翼を担った濱田さんに、最後に伺ってみた。もう一度南極へ行きたいですか? と。

 濱田さんは「行きたい」と即答された。それは、回線が復旧し、衛星電話がふたたび利用できるようになった時、仲間の隊員がみな感謝してくれたからだという。日本での仕事では気づかなかった、電話がつながることのありがたみ、喜びがたまらなかったのだ。

 濱田さんは再び南極へ行くためには自身のスペックアップが必要だという。故障を未然に防ぐスキル、そしてよりよい通信回線の建設方法を学び、もっと隊員の役に立ちたいのだ。

 人類は今、月を、そして火星を目指している。未開の海底資源開発なども進むだろう。過酷な環境でも耐えるネットワークの構築は、ますます重要なことになるだろう。

 技術が進歩した今、電話回線や通信回線がつながることは当たり前に感じてしまう。しかし、まだまだ極地での回線確保は困難が伴うのだ。南極にしっかりと電話が通じること。それは未来へと続く大事な一歩なのだろう。
スポンサーサイト


未分類 | 19:35:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。