■FC2カウンター

■プロフィール

Big Guava

Author:Big Guava
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2拍手ランキング

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

モバイル遺伝子検査機開発=インフルなど10分で検出―日本板硝子
日本板硝子と産業技術総合研究所などは8日、約500グラムと軽量で持ち運びができ、約10分の測定時間でインフルエンザやノロウイルスなどの検出ができる高性能遺伝子検査装置を開発したと発表した。

 鳥インフルエンザなど迅速な対応が必要な現場で高精度の検査が可能になると期待され、同社は年内の商品化を目指している。

 感染症や食中毒などの原因特定には、精度の高いPCR法などの遺伝子検査が確実だが、従来の装置は重さ20~30キロと運搬に適さず、現場での検査はできなかった。現場での簡易検査で陰性だったのに、精密検査で感染が判明し、感染拡大対策が後手に回ることも多かった。

 PCR法は、試料に蛍光物質を加えて加熱・冷却を繰り返し、含まれているDNAを増幅。蛍光を測定して目的のウイルスや細菌を検出する。従来の装置は一つのヒーターで温度を制御するため、時間もかかり消費電力も大きかったが、新装置は微小な管に試料を入れ、高温側と低温側を往復させる方法で検査時間を約10分に短縮。蛍光の検出も光ファイバーと小型レンズを使う。

 スマートフォンに使われるバッテリーなどでも駆動可能で、測定感度は従来の大型装置と同等だといい、感染症の拡大が懸念される現場での検査や、医療現場などでの利用が見込まれるという。 
スポンサーサイト


未分類 | 20:14:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad