■FC2カウンター

■プロフィール

Big Guava

Author:Big Guava
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2拍手ランキング

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
5200万年前のホオズキ=新種の化石発見―アルゼンチン
アルゼンチン南部の約5200万年前の地層からホオズキ類の化石が見つかり、新種に分類したと、米ペンシルベニア州立大などの研究チームが8日までに米科学誌サイエンスに発表した。実を包む袋状のがくが、化石として発見されるのは珍しい。

 この化石の種名は、南米南部のパタゴニア地方が「世界の果て」と呼ばれることから、ラテン語で同じ意味の「インフィネムンディ」と名付けられた。ホオズキ類は袋状のがくが水に浮きやすく、内部の実が守られるため、河川や湖沼の多い湿地で進化した可能性があるという。

 ホオズキ類が属すナス科には、ナスやトマト、ジャガイモ、タバコなど、作物として重要な種が含まれる。南米はかつて、オーストラリアや南極などとともに大きな「ゴンドワナ大陸」の一部だったが、分裂するにつれ多様な動植物が出現したと考えられており、研究チームはナス科植物がさまざまな種に分かれたのは従来の推定より早かったとの見方を示した。 
スポンサーサイト


未分類 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。