■FC2カウンター

■プロフィール

Big Guava

Author:Big Guava
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2拍手ランキング

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
<おサイフiPhone>研究の成果 既存サービス弱点解消
iPhone7、7Plusの日本版は、フェリカと呼ばれる非接触型ICカードを搭載しており、10月下旬から、スイカやiD、クイックペイといった決済サービスが利用可能になります。ケータイジャーナリストの石野純也さんが、その仕組みや機能について詳しく解説します。

 フェリカは国際的な標準規格になっており、香港などの一部国や地域でも採用されているが、圧倒的に普及しているのはやはり日本になる。

 iPhoneのライバルでもあるアンドロイドを搭載したスマホは、メーカーや通信事業者のカスタマイズが可能なため、早くから日本向けにチューニングしてフェリカに対応してきた。

 一方で、モデル数を減らし、全世界で販売するハードウエアを共通化してきたアップルにとっては、異例の対応とも言える。iPhone7、7Plusでアップルは日本を重視したと言われるのはそのためだ。

 とは言え、アンドロイドに搭載されるフェリカとは、機能的な差もある。通信の規格自体は標準化されているが、その上に、どのようなサービスを構築するかの方針が異なるからだ。

 アンドロイドは従来型ケータイから「おサイフケータイ」と呼ばれるサービスを受け継ぎ、各アプリがそれぞれフェリカを使う形を取っている。仕様が開示されていることもあり、対応サービスも多彩だ。

 iPhoneが対応したスイカやiD、クイックペイだけでなく、セブンイレブンなどで使える電子マネーのナナコや、イオングループの電子マネーであるワオンにも対応。国内航空会社では端末をタッチするだけで搭乗できる機能も利用できる。

 ◇スイカとクレジットカードをアップルペイに登録

 これに対し、アップルはフェリカの上に「アップルペイ」というサービスを乗せてきた。

 アップルペイは、元々アップルが海外で始めたサービスで、フェリカに近いNFCと呼ばれる通信規格を使っていた。サービスの中心はクレジットカードで、アップルが用意したプラットフォームの上に、それぞれのカードを登録していく形となる。アプリでいうと、「ウォレット」がそれだ。

 フェリカ対応のiPhone7、7Plusでもこの仕組みは踏襲しており、iDやクイックペイなどのクレジットカードは、アップルペイとしてウォレットに登録する形となる。

 使い勝手も基本的にはこれまでのアップルペイと同じ。店員にアップルペイで支払うことを告げ、前面にある指紋センサーをタッチしながらiPhoneを決済用端末にかざすだけだ。クレジットカードを複数枚登録しているときは、どれで支払うかを事前に切り替えることもできる。

 スイカの場合はやや特殊で、「エクスプレスカード」と呼ばれるものが発行される。クレジットカードとは異なり、指紋での認証が必要なく、カード型のスイカと同じように、改札や決済端末にかざすだけで支払いが完了する。

 支払いという所作に関しては、ICカードやアンドロイドのおサイフケータイとまったく同じになっているが、これは日本に向け、アップルが独自に手を入れた部分。改札で決済する際に時間がかかるとラッシュ時に大混雑が起きてしまうため、JRが求めていた要件をアップルが満たしたというわけだ。

 ◇非接触決済専用カード別途発行の手間いらず

 対応サービスがおサイフケータイに比べて少なめなのは、このアップルペイ上に乗せられるサービスが限られているため。おサイフケータイのように、ポイントカードやスイカ以外のプリペイド型電子マネーは取り込めていない。むしろ、スイカは“特例”で対応したサービスと見ていいだろう。

 逆に、アップルペイでサービスを展開するため、カードの登録などのユーザーインターフェースは、統一感があり、分かりやすい。カードの登録は既存のクレジットカードをカメラで読み取るだけでよく、スイカの場合は端末にカード型スイカをタッチして移行する。

 おサイフケータイのように、メインのカードにひもづく非接触決済専用カードを別途発行するという面倒な手続きはいらない。スイカのチャージも、アップルペイ上でできる。これまでのおサイフケータイだと、モバイルスイカ用にアプリ上でカードを登録しなければならず、しかもJRのビューカード以外だと手数料もかかっていた。

 こうした不便さが解消されているところを見ると、アップルが既存のサービスをよく研究し、その弱点を解消しようとしていることがわかる。まだフェリカでのアップルペイが始まっていないため、実際にどのような使い勝手になるのかは未知数な部分もあるが、10月下旬のサービス開始が今から楽しみだ。
スポンサーサイト


未分類 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。