■FC2カウンター

■プロフィール

Big Guava

Author:Big Guava
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2拍手ランキング

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
東西の高気圧や偏西風蛇行=台風10号、Uターンの主因
 八丈島近海で19日に発生した台風10号は南西へ進み、沖縄県・南大東島近海で26日朝にUターンして28日には本州の南海上に進んだ。

 30日夜以降には気象庁の統計開始以来、初めて東北地方の太平洋側に直接上陸する可能性が高まっており、前例のないルートをたどっている。

 気象庁の黒良龍太予報官によると、10号を迷走させたのは東西の高気圧と偏西風の蛇行が主因。東の太平洋高気圧は平年なら日本列島への張り出しが強いのに、今年は弱かった。一方、西日本を大陸からの高気圧が覆い、猛暑が続いた。

 10号は発生後、西日本を覆う高気圧の縁を時計回りに回る大気の流れに乗り、南西へ進んだ。しかし、南大東島近海で停滞した後の26日朝、今度は太平洋高気圧の縁を回る流れに乗ってUターンし、東へ進み始めた。

 28日には偏西風が蛇行し、寒気を伴う低気圧が西日本に南下。低気圧の縁には反時計回りの大気の流れがあり、10号はこの影響を受けて北寄りにカーブした。30日にかけては北海道の北東側にある太平洋高気圧が西へ張り出す影響も受け、進路を北西に変えて東北地方に上陸する可能性が高まっている。 
スポンサーサイト


未分類 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。