■FC2カウンター

■プロフィール

Big Guava

Author:Big Guava
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2拍手ランキング

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
どん底も経験 永野の冷めた芸人観「お笑い20年って変態」
「ゴッホより~普通に~ラッセンが好き~♪」のフレーズで大ブレーク中のピン芸人・永野(41)。かつては「カルト芸人」とも、「売れてはいないが芸人が認める天才」とも呼ばれていただけあって、笑いに対する考え方も突き抜けていた。

  ◇  ◇  ◇

 ネタは連想ゲームみたいな感じで出てきますね。他の人って、例えば漫才とかコントは机に向かって書くと思うんですけど、そうすることで「社会的」になると思うんです。人に伝えようと人向けに書くので。僕の場合は頭で思いついたものを生焼けの状態でそのままやっている。漫才は徐々にブラッシュアップしていくんだろうけど、しないままでやっています。

 ……と、まあカッコ良く言おうとごまかしましたけど、ラッセンとか富士山の猫のネタとか、あれ以上長いものを覚えるのがだるいんですよね(笑い)。長ゼリフ言って、最後に拍手もらっちゃうみたいな、尊敬されちゃうみたいな、ああいうの嫌ですね。お笑いで拍手とか尊敬とかされたら最悪です。僕が一番ほしいのはカネですね。前は全然仕事がなかったので、収入は上がってはいると思います。(月収)100(万円)を超えたことはもちろんありますけど、まだまだです。

 ホリプロやめて4年間くらいフリーだったんですけど、その頃なんて「自称芸人」。求められてもないのにライブやって、本当の最悪、どん底でしたね。だから、最近ファンになった人が「同年代だから共感する」「中年の星だ」とか言ってくるけど、人をからかわないでほしい。うるせえ、おまえは子供や家族いるくせにと思って。

 同級生でも急に電話してくるやつもいるし、芸人でも「永野くんが売れて芸人たちの希望だ」とか嘘ばっかり。同世代に向けてなんて全くやってないし、ただ好きなことやってカネもらって楽しさを求めているのに、ふざけるなと。僕は若い人とかお年寄りとか、純粋に楽しんでくれる人に向けてやっていて、拍手とか感動はいらないんです。見ている人って、背景とかストーリーを「酌む」んです。そういうのがはやってることが嫌ですね。

「苦節20年」みたいな苦労話で感動して泣いちゃってる奴とか見るとガッカリ。お笑い20年ってただの変態ですからね。本当に頑張ってる人は普通に働いて家族のために自分が本当にやりたいことを諦めて仕事している人。そっちに感動すべき。お笑いなんて露出狂みたいなもので、ただの「癖」でやってるだけですから。売れないまま何十年もお笑いを続けている人は、初老の痴漢と一緒。「いい加減やめろ、いつまで興奮してるんだ」みたいな。

 お笑いは20年やっても逮捕されないだけ。なんでみんな気付かないのかなあ。
スポンサーサイト


未分類 | 13:13:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。