■FC2カウンター

■プロフィール

Big Guava

Author:Big Guava
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2拍手ランキング

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
<スマホ>小中高生のツイッター制限は是か非か
有害サイトやアプリを制限する携帯電話のフィルタリング利用率が、なかなか上がりません。何が原因なのか、どう改善すればいいいかを、情報通信政策に詳しい野村総合研究所上席コンサルタントの北俊一さんが報告します。

 内閣府が3月に発表した「青少年のインターネット利用環境実態調査」(2015年11月に調査員が青少年3422人を面接)によると、小学生の23.7%、中学生の45.8%、高校生の93.6%がスマホを持っているという。

 スマホでインターネットをする平均時間(平日1日あたり)は小学生63.3分、中学生118.3分、高校生157.7分。1日2時間以上利用する割合は小学生17.4%、中学生48.1%、高校生66.8%だった。青少年が“スマホ漬け”になっていることが浮き彫りとなっている。

 一方、青少年に原則として義務づけられているフィルタリングの利用率は、携帯電話が64.7%なのに対し、スマホでは45.2%にとどまっている。

 ◇Wi-Fi接続はフィルタリング義務の対象外

 フィルタリングは、青少年にとって有害なサイトやアプリケーションの利用を制限する機能だ。2009年4月1日に施行された「青少年インターネット環境整備法」の第17条は、携帯電話の使用者が青少年の場合、親の申し出がない限り、フィルタリング利用を条件としてサービスを提供することを通信事業者に義務づけている。

 それにもかかわらず、利用率が高まらない理由は、大きく分けて三つある。

 一つめは、Wi-Fiでのインターネット接続が可能なスマホの急速な普及だ。

 スマホを使いまくる青少年たちは、3GB、5GBなどの毎月のデータ容量の上限値に達して速度制限がかかることを恐れ、できるだけWi-Fi環境でスマホを使おうとする。しかし、例えばドコモのフィルタリングソフト「SPモードフィルタ」は、携帯電話ネットワークだけを対象としており、Wi-Fiやアプリの利用制限については、別のフィルタリングアプリをダウンロードして設定しなければならない。

 現行の第17条がフィルタリング利用を義務づけているのは、携帯電話ネットワークに対してのみ。Wi-Fiやアプリ経由でのインターネット接続は野放しなのだ。

 ただし、auは一つのフィルタリングソフトで携帯電話ネットワーク、Wi-Fi、アプリの利用制限ができる「安心アクセス」を提供しており、この問題はない。

 ◇フィルタリングの基準は本当に妥当か

 しかし、二つめの問題がある。フィルタリングの基準と現実とのミスマッチだ。ドコモのAndroidアプリ利用を制限する「あんしんモード」は、小学生・中学生・高校生のレベルごとに、許可/制限を細かく規定している。

 例えば、カメラ/写真加工アプリは、中高生の利用は許可だが小学生は制限されている。SNSのLINEは小学生も許可されているが、ツイッターは高校生も制限だ。ところが、中学生や高校生にグループインタビューをすると、ツイッターが使えないと友だちとコミュニケーションできないので困る、という声が大半を占める。そこで、親に相談して、フィルタリングを解除してしまうのだ。

 中学生や高校生にもツイッターを使わせるべきだ、と言っているわけではない。少なくとも、各アプリの利用実態と利用制限にミスマッチがある限り、フィルタリング利用率は高まらない、ということを言いたいのである。

 三つめは、親のITリテラシーの低さだろう。実は上記のフィルタリングソフトには、アプリを個別に制限するカスタマイズ機能が付いている。子どもがどうしてもツイッターやインスタグラムを使いたいと泣きついてきたら、そのアプリの制限だけを解除すればいい。なのに、フィルタリング全体を解除する親がいるのだ。

 ◇フィルタリングの最適解とは

 スマホの機能については、親よりも子どもの方がよほど詳しく、また、子供たちはどうすればフィルタリングをかいくぐることができるか、常に情報を交換している。そのため、親は簡単に手玉に取られてしまうわけだ。

 青少年インターネット環境整備法については、携帯電話ネットワークだけでなく、Wi-Fiやアプリについてもフィルタリング設定を義務づけるという改正案を自民党がまとめ、今の国会での成立を目指している。

 時代に合わせるという意味では、もっともな改正だとは思う。しかし、フィルタリング基準のミスマッチ、親のリテラシー向上といった問題が解決しないと、改正法の実効性は十分には発揮されないだろう。

 青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備は、親と子供だけでなく、通信事業者、販売代理店、OSベンダー、PTA、学校が一体的に取り組んではじめて実現される。社会全体で、青少年のスマホやパソコンなどのインターネット利用についての意識レベルを高めることが求められている。
スポンサーサイト


未分類 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。