■FC2カウンター

■プロフィール

Big Guava

Author:Big Guava
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2拍手ランキング

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
クジラの骨、群がる生物=世界最深、大西洋で発見-海洋機構
海洋研究開発機構の有人調査船「しんかい6500」が2013年4月、大西洋・ブラジル沖に潜ったところ、深海底に死んだクロミンククジラの骨があり、ゴカイや巻き貝、エビなどの生物が群がっている様子を確認した。海洋機構や日本大、サンパウロ大などの研究チームが24日、英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。

 こうした「鯨骨生物群集」は1987年に米ロサンゼルス沖で最初に発見されたが、大西洋で見つかったのは初めて。水深は4204メートルで、92年に伊豆諸島・鳥島沖の水深4037メートルで発見した記録を抜き、最も深い。確認した生物41種の大半が新種と考えられるという。

ブラジル沖の深海底で発見したクジラの骨に群がっていた生物。海洋研究開発機構の「しんかい6500」で採集した。新種が多いと考えられるという(海洋研究開発機構提供)
 クジラの骨に含まれる脂質などの有機物が分解されると硫化水素が発生し、硫化水素を利用する細菌や、この細菌を食べるゴカイなどの生物が生息できるようになる。深海底から熱水が噴出する「チムニー」に群がる生物と似ており、チムニーの生物群集がクジラの死んだ場所に拡散した可能性が指摘されている。
スポンサーサイト


未分類 | 23:45:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。