■FC2カウンター

■プロフィール

Big Guava

Author:Big Guava
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2拍手ランキング

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

雑誌「幻影城」に短編3本 謎の大型新人、実はあの作家
超大作ファンタジー「グイン・サーガ」などで知られる作家の栗本薫(1953~2009)が、江戸川乱歩賞を受賞して小説家デビューした1978年に、別の名前で小説を発表していたことがわかった。雑誌に掲載された短編で、これまで謎の作家によるものとされていたが、当時の編集者が明かした。2月下旬発売の同人誌「幻影城 終刊号」に一部が収録される。

 小説は「京堂司」名義で書かれた「23世紀のラッシュアワー」「革命専科」などSFショートショート連作3編。探偵小説専門誌「幻影城」(通巻44、45、47号)に掲載された。

 栗本は76年、「都筑道夫の生活と推理」が幻影城新人賞評論部門で佳作に選ばれた。翌77年、中島梓として「文学の輪郭」で群像新人文学賞(評論部門)。78年に栗本薫名の小説「ぼくらの時代」が江戸川乱歩賞を受賞。以後、主に評論は中島、小説は栗本と筆名を使い分けて執筆していた。

 「幻影城」は75年創刊の月刊誌。刊行期間は4年半だったが栗本や泡坂妻夫、連城三紀彦らが輩出。後続の作家に大きな影響を残した。野地嘉文さん(51)ら愛読者の有志が昨春、創刊40年を機に「終刊号」を作ろうと企画。「期待の大型女流新人」とうたわれた正体不明の作家について当時の島崎博編集長(82)に尋ね明らかになった。

 島崎さんによると、これらの作品は栗本の持ち込み原稿で、「本人が明かすことなので今まで公表しなかった」。栗本は東京・神保町の「幻影城」の事務所を頻繁に訪れ、次号の予定に余白を見つけると、穴埋めに書かせて欲しいと頼んだという。島崎さんは「隣に座って10分で短編を書き上げたこともある。特殊な才能に驚いた。これらの短編は貴重な資料にもなるだろう」と振り返る。有志による「終刊号」発行を「若い世代の人たちが今も『幻影城』を大事に考えてくれていて本当にうれしい」と話した。
スポンサーサイト


未分類 | 02:02:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad