■FC2カウンター

■プロフィール

Big Guava

Author:Big Guava
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2拍手ランキング

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
有吉 どん底時代に起用のRCCに感謝 恩返し出演「義理堅い人」
デビューから間もない時期に月収2000万円を稼ぎ出しながら「地獄」と表現するほどの低迷期を経て、今では司会者として揺るぎないポジションをつかみ取ったタレントの有吉弘行(41)。“どん底”時代唯一のレギュラー番組でプロデューサーを務めていたRCC(中国放送)の延末健治氏に当時の話を聞いた。

 有吉は1996年、日本テレビ「進め!電波少年」のヒッチハイク企画でブレーク。本やCDが大ヒットするなど国民的人気を集めたものの、下り坂を転げ落ちるように人気は急落。再び日の目を見るまで約10年、雌伏の時があった。

 その期間を「仕事が全くない」「地獄」だと有吉は再ブレーク後によく振り返っていたが、この低迷期でもずっと有吉をレギュラー起用し続けたのが、有吉の地元・広島RCCのバラエティー番組「KEN-JIN」だ。

 「KEN-JIN」は97年4月から2005年4月まで放送された深夜のバラエティー番組で、深夜0時台、1時台の放送ながら平均視聴率は6%台、クリスマススペシャルは9・8%をマークしたこともあった。「海に出演者が落とされたり、今だったらコンプライアンス的に考えられない内容が多かった」と延末氏は当時を振り返る。

 有吉もご多分に漏れず、今では考えられないような企画に体当たりで臨んだ。洗車機に車ととも入り、猛烈なジェット水流を浴び「これテストした?頭つぶれそうだったよ」と悲鳴を上げたこともあった。さらにギャラはローカル局の深夜番組としても異例の1本3万円という低額。現在のギャラと比べれば数十分の1だろう。それでも有吉は「仕事がない時代にバラエティーができたことはありがたかった」と話しているという。

 有吉の仕事が次々となくなっていった時期でも降板させなかったのは、企画立案を担当したRCCの横山雄二アナウンサーが「次から次へと(出演者を)替えるのはやめよう」という考えを持っていたから。延末氏は鮮やかな復活を遂げた有吉を見て「僕らじゃ(再ブレークは)分からなかった。カッコつけようとすれば『絶対また売れると思っていた』と言いたいところなんですけど。でも『KEN-JIN』は(有吉が再ブレークする前に)終わっちゃいましたしね。何があるか分からないなって思います」としみじみ語った。

 昨年からRCCの特番「有吉カンパニー」に出演している有吉。「本来なら地方局の単発なんてやってくれない」レベルになった今でも出演を快諾してくれたことに、延末氏は「本当に義理堅い人ですね。『やるなら横山さんも呼ぶよね』とも言われていて『KEN-JIN』のスタッフがまた集まって番組を作っています」と感謝した。

 13日にTBSで放送される特番「V字復活!有吉カンパニー~ホントにあった大逆転リアルストーリー~」(後2・00、RCC制作)は、ハウステンボス、マツダスタジアム、熱海市などの大逆転ストーリーを特集。有吉が「KEN-JIN」で体を張っていた時代を経てV字復活した軌跡と重ね合わせながら各地を紹介する。メーンMCを務める有吉は「何分かに1回、オレをイジるのやめてください。ちょこちょこ入る昔の映像が要りませんでした」とコメントした。
スポンサーサイト


未分類 | 12:12:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。