■FC2カウンター

■プロフィール

Big Guava

Author:Big Guava
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2拍手ランキング

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

シーラカンス類の新種化石=南アで発見、3.6億年前
 南アフリカ東部の約3億6000万年前(古生代デボン紀後期)の地層から、シーラカンス類の稚魚の化石が多数見つかり、新属新種に分類された。
 同国のウィットウォーターズランド大などの研究チームが28日までに英リンネ協会の動物学誌電子版に発表した。アフリカで発見されたシーラカンス類の化石では最古という。
 シーラカンスは1938年、南アフリカのカルムナ川河口付近で生きた状態で発見され、昔から姿がほとんど変わらないことから「生きた化石」と呼ばれる。今回の化石は現代のアフリカやインドネシアに生息する種とは異なるが、発見場所はカルムナ川河口から約100キロしか離れていなかった。
 今回の化石の大半は長さ3~6センチ。学名は「セレニクティス・コウィエンシス」と名付けられた。道路工事で掘られた泥岩の中から1990年代半ばに断片が発見され、調査を進めた結果、稚魚の全身骨格化石が30体以上見つかった。生息当時は浅い海に暮らしていたと考えられる。シーラカンス類の初期の進化を解明する手掛かりになるという。 
スポンサーサイト


未分類 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad