■FC2カウンター

■プロフィール

Big Guava

Author:Big Guava
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2拍手ランキング

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
視聴率だけで判断するな 北川景子、唐沢寿明は録画で人気
夏期クールのドラマはどれも苦戦を強いられた。民放プライム帯のドラマで1桁視聴率とならなかったドラマは日本テレビ系「花咲舞が黙ってない」のみ。初回視聴率が最も高かった「デスノート」も、若い世代で “ソーシャル視聴”が話題となった「恋仲」もいずれかの回で1桁を記録、夏休みが影響したのか、リアルタイム視聴できないことが数字として顕著に表れたクールだったが、録画で人気だったドラマは一体何だったのだろうか。

 データニュース社(東京)が行なっているテレビ視聴アンケート「テレビウォッチャー」(対象3000人)では、地上波のテレビ番組すべてに対して録画数を集計しているが、そのデータによると夏期ドラマ録画数トップは視聴率と同じく「花咲舞が黙ってない」がトップ。だが、2位以下は意外な結果となった。

 録画数第2位は北川景子主演の「探偵の探偵」(フジテレビ)。これまでの北川景子のイメージを覆すハードボイルドなアクションドラマで、海外ドラマを思わせるスピーディな展開と難解な謎解きを楽しむストーリーだったため、録画でじっくり見たいという視聴者が多かったようだ。

 3位は唐沢寿明主演の「ナポレオンの村」(TBS)。日曜夜の放送にふさわしい痛快なサクセスストーリーで、村おこしがテーマとあって美しい田園風景が癒される作品。特別番組や世界陸上を放送したため放送週が中断、視聴サイクルをうまく作れず視聴率では苦戦を強いられたが、見逃さないようにと録画する視聴者は多かった。

 4位は「リスクの神様」(フジテレビ)。“リスクマネジメント”という時流に合ったテーマをいち早くドラマに取り入れた意欲作で、堤真一、戸田恵梨香の他、古田新太、吉田鋼太郎、小日向文世、田中泯など渋いキャストで社会派エンターテインメントを目指した。「花咲舞が黙ってない」の裏番組とあって視聴率は3%台まで落ち込んだが録画数では健闘。視聴率では見えてこない多くのファンがいたことを証明した。

リアルタイムで気軽に楽しめるドラマ=高視聴率を望めるドラマはもちろん評価されるが、そればかりではつまらない。録画して好きな時間帯に、好きな視聴スタイルで見る人も確実に存在する。表面に現れた数字だけで判断しがちだが、視聴ツールが多様化した中では視聴率も絶対ではなく、1つの指標でしかない。
スポンサーサイト


未分類 | 02:22:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。