■FC2カウンター

■プロフィール

Big Guava

Author:Big Guava
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2拍手ランキング

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
かば焼き輸入が急増=シラスウナギ豊漁で―財務省・税関
 ウナギのかば焼きの輸入量が5年ぶりの水準に急増している。養殖に必要な稚魚「シラスウナギ」の漁獲量が昨年回復し、中国でかば焼きの生産が増えていることが背景にある。輸入価格も下がり、土用の丑(うし)の日を楽しみにしている人には朗報。ただ、稚魚の乱獲の影響もあり、長期的な輸入減少トレンドに歯止めがかかったとは言えない状況だ。
 財務省・東京税関によると、2015年1~5月に輸入された、かば焼きを中心とするウナギ調整品は日本全体で7418トンに上った。これは前年同期の1.5倍に当たり、10年の同時期(1万1893トン)以来の高水準となった。輸入品の9割は中国製となっている。
 日本鰻輸入組合(東京)は、かば焼きの輸入が今年増えた理由について「不漁が続いてきたシラスウナギが14年に豊漁となり、養殖するウナギが増えたため」と指摘している。
 一方、輸入価格は1~5月平均で1キロ当たり2613円となり、前年同期の2800円より安くなった。しかし、ピークの12年(3219円)からは約600円しか下がっておらず、円安の影響などから高止まりしている。 
スポンサーサイト


未分類 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。