■FC2カウンター

■プロフィール

Big Guava

Author:Big Guava
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2拍手ランキング

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
赤い服の男性は怒って支配的に見える、英研究
【AFP=時事】闘牛はずっと前から知っていただろうが、赤い服を着た男性は青やグレーの服を着ている男性よりも怒って支配的に見えるとの研究結果が13日、英国王立協会(Royal Society)の専門誌バイオロジー・レターズ(Biology Letters)に掲載された。

 論文は、異なる色の服を着た男性の写真を複数の男女に見せ、その反応を分析したもの。研究を行った英ダラム大学(Durham University)の研究チームによると、「赤い服を着た男性はより攻撃的で支配的と評価され、グレーや青の服を着た対象者よりもより頻繁に『怒り』(という項目)に分類された」という。

 以前の研究では、赤を身に着けているとスポーツの試合で勝つ確率が高まる可能性が示されている。また、赤が支配の印とされる種もある。だが、今回の研究は、服の色と人の受け取り方との間の関連性を示し、赤は人に何らかの連想を引き起こすとしている。

 研究では、男女の割合が半々の計100人を対象に、赤、青、グレーの服を着た男性の写真を見てもらい、そこに表れている攻撃性と威圧感のレベルと精神状態について評価してもらった。

 その結果、男女ともに、赤い服を着た男性には怒りと攻撃性が表れていると感じた。ただ、赤い服を着た男性の写真に支配力を感じたのは、今回の研究では男性だけだった。一方、グレーと青からは、攻撃性や権力といった印象を男女ともに受けなかった。

 論文は、「赤は、男性の支配力と攻撃性に関する傾向を推察するための手がかりかもしれない」としている。【翻訳編集】 AFPBB News
スポンサーサイト


未分類 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。