■FC2カウンター

■プロフィール

Big Guava

Author:Big Guava
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2拍手ランキング

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

新属新種の恐竜、卵の化石発見 兵庫・篠山層群下部層
 兵庫県立人と自然の博物館(兵庫県三田市)は29日、丹波市と篠山市にまたがる篠山層群下部層(約1億1千万年前)から恐竜の卵の化石5種類が見つかり、うち1種類が新属新種と判明したと発表した。残りのうち3種類も卵としては国内初の発見。いずれも恐竜では最小クラスの卵とみられ、同館は「恐竜の繁殖や営巣活動、進化の解明につながる極めて重要な発見」とする。

 新属新種の卵は「ニッポノウーリサス・ラモーサス」と命名。カルガリー大(カナダ)の大学院生田中康平さん(29)と同館が共同執筆した論文が、29日付の科学誌クレティシャス・リサーチ(電子版)に掲載された。

 「属」は複数の生物の「種」を束ねる概念で、新属新種の発見は古生物学の研究で大きな意味を持つ。

 見つかった化石は卵殻のかけら約90点で、いずれも数ミリ~約10ミリ。丹波竜が見つかった丹波市山南町上滝の地層で、2007~11年に発掘調査をした際の泥岩に含まれていた。

 表面の模様や断面構造を分析したところ、少なくとも「ニッポノ-」を含む3種類は、篠山層群で存在が確認されていなかった恐竜の卵と分かった。

 「ニッポノ-」は厚さ0・44ミリの2層構造で、表面には特徴的な枝状の模様があった。殻の厚みから約100グラムの卵だったと推定される。体重15~20キロの小型で、二足歩行していた肉食恐竜の獣脚類のものとみられる。

 他の卵は、国内初発見の3種類が獣脚類、残りは草食恐竜の鳥脚類とみられる。殻が0・22~0・5ミリと薄いため、田中さんは「いずれも小さな卵で、小型恐竜の可能性が高い」と指摘する。

 恐竜の卵化石は石川、福井県でも発見例があるが、これだけ多くの種類がまとまって見つかるのは極めて異例。丹波が多様な恐竜の「営巣地」だったことが初めて裏付けられ、同館の三枝春生主任研究員(57)は「骨や歯の化石とは異なる次元の情報が詰まっており、研究が飛躍的に進む可能性がある」と期待を寄せる。
スポンサーサイト


未分類 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad