■FC2カウンター

■プロフィール

Big Guava

Author:Big Guava
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2拍手ランキング

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

<医療>歯周病はアルツハイマー病の一因か?
日本人の成人の80%以上がかかっているといわれる歯周病。その原因菌が作り出す「酪酸」がアルツハイマー病を引き起こす一因になる可能性があるという。日本大学歯学部の落合邦康特任教授(口腔<こうくう>細菌学)らの研究チームが5月12日、福岡市で開かれた日本歯周病学会でラットによる実験結果を発表した。歯周病とアルツハイマー病の関連性については、これまでも指摘されていたが、動物の体の中で歯周病とアルツハイマー病の関連を示唆する現象が起きているのを確かめたのは初めてという。

 ◇脳の機能が徐々に失われていくアルツハイマー病

 アルツハイマー病は認知症の一種で、脳の神経細胞が徐々に死に、脳の機能が失われていく病気だ。国内に約500万人いる認知症患者の6~7割を占めると考えられている。細胞死は記憶や学習に関わる海馬の周辺から始まり、最終的には脳全体に広がる。発症すると、まず、少し前の出来事が思い出せなくなる。そして、時間や場所が分からなくなって、言葉が使えなくなる。仕事や家事など段取りが必要な行動ができなくなり、人の顔や物を見ても判別がつかなくなる。さらに進むと、食事や入浴、着替えもできなくなって寝たきりになる。発症後は平均10年で死に至る。

 ◇歯周病菌が作る「酪酸」が酸化ストレスを引き起こす

 アルツハイマー病を発症する要因はまだ完全に解明されていないが、考えられている仮説の一つに、体内での酸化反応が組織や細胞などにさまざまな害を与える「酸化ストレス仮説」がある。チームはこれまでの研究で、歯周病の原因菌「ジンジバリス菌」などが作る酪酸が細胞内に取り込まれると、「鉄分子(ヘム)」「過酸化水素」「遊離脂肪酸」が過剰に作り出され、細胞に酸化ストレスを起こして壊してしまうことを明らかにしている。

 そこで今回は、酪酸が動物の脳にどのような影響を与えるのかを調べた。健康なラット3匹の歯肉に酪酸を注射。6時間後に、海馬▽ホルモンの分泌に関わる松果体と下垂体▽さまざまな高度な活動をつかさどる大脳▽主に運動機能の調整を行う小脳--について、酸化ストレスの状態などを分析した。

 ◇記憶形成に関わる海馬に大きな影響

 すると、酪酸を注射したラットは、通常のラットに比べ、全ての部位で平均35~83%も「ヘム」「過酸化水素」「遊離脂肪酸」の濃度が上昇していることが分かった。中でも海馬での上昇率が最も高く、ヘムは平均79%▽過酸化水素は平均83%▽遊離脂肪酸は平均81%--濃度が上昇していた。また、細胞の自殺を誘導する酵素「カスパーゼ」の活性を測定すると、海馬で平均87%増加していた。さらに、アルツハイマー病の患者の脳神経細胞内では、物質輸送に関わるたんぱく質「タウ」が異常に蓄積するが、酪酸を注射したラットは通常のラットに比べ、海馬で平均42%もタウの量が増加していた。

 ◇歯周病の放置は厳禁

 チームは実験結果について、注射した酪酸が血流に乗って脳内に入り込み、さまざまな異常を引き起こしたとみている。歯周病患者では、「歯周ポケット」と呼ばれる歯と歯肉の間から、健康な人の10~20倍も酪酸が検出されるという。落合特任教授は「歯周病巣の酪酸が長期間にわたって脳内に取り込まれれば、アルツハイマー病を引き起こす一因になることは十分に考えられる。歯周病はすぐに生死に関わる病気ではないので放っておく人が多いが、重大な別の病気につながる可能性があることを忘れてはいけない。早めに治療をすべきだ」と指摘する。

 チームは今後、歯肉から脳内にどれだけ酪酸が入り込むのかを調べる。また、酪酸を注射した動物がアルツハイマー病を発症するかどうかを、行動分析などで検証する予定だという。
スポンサーサイト


未分類 | 23:09:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
<室内犬>骨は割り箸…一番人気トイプードル、骨折にご用心
◇争点「40センチで骨折」ペットサロン45万円支払いで和解

 トイプードルが骨折したのはペットサロンの不注意が原因だとして、飼い主の女性がサロンの運営会社(大阪市)に約100万円の賠償を求めた訴訟が大阪地裁であり、会社側が45万円を支払うことで和解した。見た目が可愛く、室内犬では一番人気だが、高さ40センチの台から飛び降りただけで骨折していた。獣医師は「トイプードルの骨は割り箸のように細い」と注意して飼育するよう呼びかけている。

 和解は先月28日付。訴訟記録などによると、女性は2014年5月、大阪市内のペットサロンにトイプードルを預けた。1歳のオスで体重約2.2キロ。従業員がトリミングを終え、撮影用の台に載せた時、店の電話が鳴った。従業員が目を離したすきに台から飛び降り、左前脚を骨折。動物病院に2週間入院し、女性は翌年2月、治療費や慰謝料などを求めて提訴した。

 裁判では、40センチの高さで骨折するかどうかが争点に。女性側は「脚の骨が細く、30センチから飛び降りても骨折することがある」と主張。一方、会社側は「日常生活で使うソファと同じぐらいの高さで、以前の骨折の影響だ」と反論していた。双方の代理人によると、訴訟が長期化したため和解に応じた。女性は取材に、「犬は家族の一員。当時は死ぬんじゃないかと不安だった」と話す。

 犬の血統証明書を発行する一般社団法人「ジャパンケネルクラブ」によると、犬種別登録数は2000年、ダックスフントが1位で、プードルは13位(約1万3000匹)だったが、徐々に人気が逆転。08年以降はプードルが首位を守り、16年は約7万7000匹に。2位はチワワ、3位はダックスフントで、人気は小型犬だ。

 プードルは、大きい順にスタンダード、ミディアム、ミニチュア、トイの4種類ある。トイの中でも、体重2~3キロは「タイニー」、2キロ未満は「ティーカップ」と通称され、文字通りティーカップに入るほどの小ささで人気だ。テレビやインターネットの影響で愛好者が増え、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で写真を共有したり、愛犬と行く旅行ツアーが組まれたりしている。

 ただ、小型化すればするほど骨折の危険も。ノヤ動物病院(埼玉県)の野矢雅彦院長は「体重1キロのプードルは骨の厚さが2ミリ、2~3キロでも3ミリしかない。1歳未満だと跳びはねるだけで折れることもある」と話す。

 東京都の元ブリーダーの男性(51)は「元々、プードルは狩猟犬で簡単には骨折しなかったが、小型化のため小さな個体を交配させるうちに弱くなった。ケガや病気になりやすいというリスクを理解した上で飼ってほしい」と警鐘を鳴らす。【遠藤浩二】

未分類 | 22:28:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
幻の巨大サメ「メガマウス」死ぬ さかなクンも「残念」
千葉県沖の定置網に入った幻の巨大ザメ「メガマウス」が23日、海底に横たわって死んでいるのが確認された。水族館関係者らが集まって、今後の対応を話し合っている。

 メガマウスは全長約5~6メートルのメスで、22日早朝に館山市沖の定置網にかかったのち、いけすに移され、元気に泳いでいた。だが、東京海洋大名誉博士のさかなクンが、前日に続いて23日午前9時ごろに潜ったときは海底に横たわり、かすかに呼吸をしている状態だった。その後、動かなくなったという。「前日の様子だと、どんどん元気になっていくかなと思っていたのに残念です」と話した。

未分類 | 23:32:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
出川哲朗に異変?女子から黄色い悲鳴 ゴールデン枠特番を2週連続MC
お笑いタレントの出川哲朗が24日と31日に放送されるTBS系バラエティー『VSリアルガチ危険生物』(24日後8:10~/31日後8:30~)で2週連続ゴールデン枠のMCに挑戦することがわかった。最近では女子にも「かわいい!」と声をかけられるほど大人気で、同番組の収録でもスタジオに出川が登場すると黄色い歓声が飛ぶという“異変”が起きた。

 出川といえば、女性ファッション誌『an・an』が毎年行っていた読者アンケート『好きな男・嫌いな男ランキング』で、2001年から5年連続で『嫌いな男』1位を獲得して殿堂入りするなど“汚れキャラ”の代表格だった。しかし『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ)でのどこかチャーミングなキャラがお茶の間に浸透。ニチガス『ニチガス・ニ・スルーノ三世』シリーズでは小さな王様に変身してキュートな振り付けを披露するなど、いつの間にか“愛されキャラ”に変化していた。

 そんな出川がMCを務める同番組では、これまでの芸能生活でライオンやワニ、クマなど数々の危険生物と体を張って対決してきた当時のエピソードを交えながら、世界中に生息する危険生物やインパクトのある動物の生態を楽しく詳しく紹介。24日の放送では陣内智則、31日の放送では博多大吉と共に番組を進行していく。

 危険生物と弱い動物との戦いとその意外な結末や、米・フロリダでワニや毒ヘビなどの危険生物の捕獲に取り組む兄弟などにスポットを当てたり、東京の多摩川でカミツキガメの捕獲に挑戦し成功する模様など、恐怖あり笑いありの展開が繰り広げられる。

 収録を終えた出川は「最初はとても緊張しましたが、途中から力が抜けて自分も楽しめました。これまで危険生物に挑んだ経験を番組に生かすことができて喜んでいます」と満足げ。「危険生物とはいうものの、それぞれの動物は生きるために必死です。人間が飼うことができなくなって危険生物になってしまった外来種もいます。そんな事情もしっかり伝えたいです」と真剣にみどころを紹介している。

未分類 | 23:37:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
石垣島で国内最古の全身骨格 日本人の起源解明に光
沖縄県石垣市の白保竿根田原(しらほさおねたばる)洞穴遺跡で見つかった複数の旧石器時代の人骨のうち、1体が国内最古となる約2万7千年前の全身骨格であることがわかった。同県立埋蔵文化財センターが19日、発表した。出土人骨は19体にのぼり、世界屈指の規模。4体は頭骨が残り、日本人の起源や旧石器時代の葬送思想を解き明かす画期的な成果だという。

 同遺跡は、新石垣空港の敷地内で発見され、同センターや考古学、人類学などの専門家が共同で調査を進めてきた。約2万年前を中心とした人骨千点余りが安定した地層内から出土し、旧石器人は少なくとも19体とみられる。保存状態はよいという。

 このうち4体は人類の系統を知るうえで重要な頭骨の復元が期待され、「4号人骨」は体つきまでわかる全身の骨がそろっていた。国内唯一の全身骨格例だった港川人(沖縄県八重瀬町、約2万2千年前)以来の発見で、日本最古の人類の姿を知ることができるといい、今後詳しく分析を進める。

未分類 | 19:26:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad